家を売却する際の損しない方法!

お急ぎの方はこちら イエウール公式ホームページ

家を売却するという機会は人生でほとんどの方が1度ある位でしょう。
周りにも家の売却をした人もいないので実体験のお話を聞く機会も中々、ありませんよね。
どこから家の売却の情報を得ればいいんだろう?
わからない・・・どうしよう・・・

こんな不安なお気持ちではありませんか?
家を売却する際に損をしない方法をお伝えします。

①査定してもらう業者は最低3社以上依頼すること

自分の家の価値・土地の価値は気になりますよね。
ポイントは複数社に査定してもらいましょう。
どうしても価格に差は出てきますし、業者さんと話すことによって
相場価格が分かってきますので、失敗した・・という事がなくなります。

②水周りは綺麗にした状態にしておくこと

トイレ・お風呂などの水周りは清潔な状態にしておく事が大事です。
ここがが汚いと、印象が悪く中々、選んでもらえることが少なくなります。
自分が新しく購入したらどんな物件に住みたいか?を考えると上手くいきます。

③ご近所物件の相場価格を調査すること

今売りに出ている、ご近所の中古住宅、新築住宅、土地の値段を調べない手はありません。
地域名+家などのキーワードでインターネットで検索することが1番初めは情報収集としてお手軽です。

不動産業者を選ぶ3つのポイント

また不動産の売却に関して、まず大事なことは信頼できるパートナー(不動産業者、不動産業者の担当者)を見つける事です。
不動産業者に関しては、大きく分けて3タイプ
1.大手不動産業者
2.地元・町の不動産屋
3.フランチャイズ系の不動産業者
1の不動産業者は、大手ならではのネットワークや顧客の多さ、取り扱い件数が多い為、手続きに慣れている点がメリットとなります。デメリットとしては、取り扱い件数が多い為、担当者一人当たりで抱えている件数が多い為、一件あたりの力の入れ具合が弱くなりがちで、事務的な作業をされる事が多いと思います。
2の地元・町の不動産屋は、あまりガツガツとした営業をしているお店はなく、マイペースでじっくりと売却したい方にはお勧めです。
3のフランチャイズ系の不動産業者は、大元へ納める上納金があり、お店でのノルマや、営業マン個人のノルマを設けているお店が多く3タイプの業者の中では、1番ガツガツ営業をしているイメージがあります。営業マン個人にもノルマがある為、売却をする為に、力を入れて頂ける可能性も高いと思います。

初めての不動産売却で、何も分からない際は、1つの業者の話だけを聞いて、その業者へ売却を依頼するのではなく、3タイプの業者それぞれから話を聞いてから、どこに任せるかを決めてもいいかと思います。
また、最初から1つに絞り(専属や専任)任せる事をしないで、何社か(一般)合わせて、売却を依頼して、それぞれの業社の販売活動の様子を見てから、1社に絞ってもいいかと思います。
自分の大切な資産を売却するので、後悔しないよう、慎重に話を進める事をお勧めします。

 

持ち家を高く売るなら、一括査定がおすすめ

持ち家を売却しなければいけなくなったときに、誰しも考えることはできるだけ高値で売りたい、ということです。

中には、住宅ローンがまだ残っている状態で売却しなければいけなくなってしまった方もいることでしょう。

家をできるだけ高値で売るためには、事前に綿密な計画を立てる必要があります。

多くの場合仲介をしてくれる業者、不動産業者に手続きや具体的な売却手順を進めてもらうわけですが、業者にまかせきりにしないで、自分たちでも販売計画や戦略を立てていく必要があります。

いくら高値で売却をしたいと思っていても、家の売値には相場というものがあります。

家自体の価値も関わってくるので、きちんとした適正価格を見出してくれる業者と契約をする必要があります。

いちばん自分たちの希望に沿って話を進めてくれる業者を探すために、多くの業者に一括で査定を依頼できる専用サイトなどを活用しましょう。

売却を考えている家の価値を知る良い機会になりますし、希望の条件に合った業者を効率よく探し出すことができます。

家売却を成功させるのも失敗させるのも、この最初の不動産仲介業者選びが大切であるので、時間がかかったとしても妥協をせず根気よく探すことが大切です。

コメントは受け付けていません。